梅光学院高等学校同窓会
2014年04月13日

「ホーム」 新刊のお知らせ

9784152094353大社淑子さん(高02)がこのたび、米国のノーベル賞作家 トニ・モリスンの作品「ホーム」を翻訳されました。

 

大社さんは、英文学を専攻し、アイヴィ・コンプトン=バーネット、ドリス・レッシング、ミューリエル・スパーク等、現代の英国女性作家を研究。トニ・モリスンをはじめ多くの作家の著書を翻訳しておられます。

 

 

 

 

書評:
BOOK asahi.com (小野正嗣 / 作家・明治学院大学准教授)
日本経済新聞 (藤井光 / 同志社大学准教授)

 

 

出版社:早川書房
出版年:2014年1月25日
コード:ISBN : 978-4-15-209435-3 C0097
本体価格:2,400円+税
注文:ハヤカワ・オンラインamazon楽天ブックス

 

 

021

耳より情報:
美しい絵の崩壊」 ノーベル賞作家ドリス・レッシングの作品が映画化され、
5月31日(土)より公開されます。大変美しい素敵な映画だそうです。

 

東京支部事務局

出版のお知らせ, 活躍する同窓生

2014年03月26日

梅光学院下関開学100年記念行事

本年は梅光学院下関開学100周年にあたり、下関では下記の通り様々な記念行事が企画されています。

 

続きを読む

イベント情報, 事務局, 母校・先生方は今・・・

2013年12月26日

「ミューリエル・スパークを読む」

1106356228大社淑子さん(高02)がこのたび英国の作家 ミューリエル・スパークの作家論/作品論「ミューリエル・スパークを読む」を出版されました。

 

薫り立つ文体とエスプリ、
グロテスクなまでの人間模様……。
いま、もっとも再評価が求められている英国の作家、ミューリエル・スパーク。有無を言わせない圧倒的な叙述によってエスカレートする、愛、諧謔、そして暴力。比類ない魅力をたたえたその文学を概観する、必携の作家論/作品論。」(書評より)

 

 

出版社:水声社
出版年:2013年11月
コード:ISBN/ISSN   978-4-89176-998-7 C0098
価格 :3200円+税
注文 :amazon楽天ブックスTSUTAYA onlineヨドバシ.com 他

 

 

 

dotll07

大社淑子氏プロフィール

日本の英文学者、早稲田大学名誉教授。okoso

1931年福岡県生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程中退。早大法学部教授を経て、2002年定年後名誉教授に就任。

英文学を専攻し、現代の英国女性作家を研究、翻訳。特に米国黒人女性作家のトニ・モリスンの翻訳で知られるが、アイヴィ・コンプトン=バーネットの研究書も出している。

 

 

dotll07

著作一覧

【著書】

  • 『トニ・モリスン創造と解放の文学』 平凡社 1996
  • 『アイヴィ・コンプトン=バーネットの世界 権力と悪』 ミネルヴァ書房 2005
  • 『ドリス・レッシングを読む』 水声社 2011

 

【共編著】

  • 『現代イギリスの女流作家たち』 井内雄四郎共著 評論社 1979
  • 『トニ・モリスン』 木内徹共編 日外アソシエーツ 2000(人物書誌大系)

 

【翻訳】

  • E.B.タイラー『文化人類学入門』塩田勉、星野恒彦共訳  太陽社 1973
  • H.ランダー『言語と文化』岡野松雄共訳  大修館書店 1977
  • アントニイ・バージェス『MF』 早川書房 1978(アントニイ・バージェス選集 8)
  • リチャード・スターン『他人の娘たち』 早川書房 1979
  • トニ・モリスン『鳥を連れてきた女』 早川書房 1979
  • ジョン・ディクスン・カー『火よ燃えろ!』 早川文庫 1980
  • アントニイ・バージェス『ビアドのローマの女たち』 サンリオSF文庫 1980
  • アントニイ・バージェス『アバ、アバ』 サンリオSF文庫 1980
  • ホットハウスの狂影 ミュリエル・スパーク  早川書房 1981
  • トニ・モリスン『青い眼がほしい』 朝日新聞社 1981(女たちの同時代 1) のちハヤカワ文庫
  • ハイム・ポトク『始まりへの旅』 早川書房 1982
  • ドリス・レッシング『生存者の回想』 サンリオ文庫 1984 のち水声社
  • フランクリン・D・ルーズヴェルト他『大統領のミステリ』 ハヤカワ文庫 1984
  • エティ・ヒレスム『エロスと神と収容所 エティの日記』 朝日選書 1986
  • ドリス・レッシング『シカスタ アルゴ座のカノープス』 サンリオ文庫 1986 のち水声社
  • バーバラ・W.タックマン『愚行の世界史 トロイアからヴェトナムまで』 朝日新聞社 1987 のち中公文庫
  • S.F.X.ディーン『愛と悲しみの探偵』 早川書房 1988(ハヤカワ・ミステリ)
  • エティ・ヒレスム『生きることの意味を求めて エティの手紙』 晶文社 1989
  • ローレンス・リーマー『イングリッド・バーグマン 時の過ぎゆくまま』 朝日新聞社 1989
  • バーバラ・W.タックマン『最初の礼砲 アメリカ独立をめぐる世界戦争』 朝日新聞社 1991
  • キャロリン・ハイルブラン『女の書く自伝』 みすず書房 1992
  • イーディス・ウォートン『エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事』 新潮文庫 1993
  • メイ・サートン『ミセス・スティーヴンズは人魚の歌を聞く』 みすず書房 1993
  • トニ・モリスン『白さと想像力 アメリカ文学の黒人像』 朝日選書 1994
  • トニ・モリスン『ジャズ』 早川書房 1994(トニ・モリスン・コレクション)のち文庫
  • アーネスティン・シュラント、J.トーマス・ライマー『文学にみる二つの戦後 日本とドイツ』 朝日新聞社 1995
  • トニ・モリスン『スーラ』 早川書房 1995(トニ・モリスン・コレクション)のち文庫
  • キャロリン・G.ハイルブラン『ハムレットの母親』 みすず書房 1997
  • トニ・モリスン『パラダイス』 早川書房 1999(トニ・モリスン・コレクション)のち文庫
  • トニ・モリスン『ラヴ』 早川書房 2005(トニ・モリスンコレクション)
  • トニ・モリスン『マーシイ』 早川書房、2010

 

【参考】

    • 「大社淑子教授 履歴および研究業績 (大社淑子教授 退職記念号)」『人文論集』2001

(出典:ウィキペディア)

 

 

東京支部事務局

 

 

出版のお知らせ, 活躍する同窓生

2013年10月23日

「梅光100年のあゆみ 写真展」報告

10月6日に写真展を見てきました。
日曜日だったこともあり、会場は多くの来場者で賑わっていました。「母が梅光の卒業生です」とおっしゃる年配の男性の姿もありました。今は亡きお母様の誇りが息子さんの心にも受け継がれているのだなあと感じました。

 

続きを読む

イベント情報, 母校・先生方は今・・・

2013年10月03日

「梅光100年のあゆみ 写真展」はじまる

10月3日の毎日新聞下関版に記事が掲載されたようです。

 

続きを読む

イベント情報

2013年09月26日

アンサンブル ディマンシュ 第73回演奏会

演奏会のお知らせです。

今回も素晴らしいソリストを迎え、素敵なピアノコンチェルトをお届けします。モーツァルト、ベートーフェン、メンデルスゾーンは35年余にわたり何十回となく取り上げてきた作曲家ですが、毎回気持ちを新たに、今の自分を表現しようと努力しています。お時間がありましたらぜひいらしてください。

 

続きを読む

イベント情報

2013年09月26日

「梅光100年のあゆみ 写真展」のお知らせ

2014年、梅光学院は下関に開学して100年を迎えます。 これを記念して、2013年9月より様々な記念行事が開催されます。

 

続きを読む

イベント情報

2013年09月22日

「ペンと小筆による美文字レッスン」

image001大学日文科卒業、博士課程前期を修了された大塚順子(旧姓・木下)さんが、近日、櫻の森通信社から「ペンと小筆による美文字レッスン」を出版されます。

 

大塚(婉嬢 えんじょう)さんは梅光女学院大学日文学科書道課程を修了。吉野松石、今井凌雪に師事し、現在、雪心会(せっしんかい)会員、読売書法展評議員、日本書芸院二科審査会員として活躍中です。日展にも5回の入選を果たしておられます。

 

先日は、NHKのラジオ番組で、美しい文字を書くにはというお話しをされています。

大塚順子さん NHK国際放送・中国語《波短情長》に再出演

 

 

 

001出版社:櫻の森通信社

出版年:2013年09月予定

価格 :¥1,260

 

大塚さんのホームページ : http://www.luvargent.com/otuka/index.html

 

 

東京支部事務局

 

 

出版のお知らせ

2013年09月22日

大塚順子さん NHK国際放送・中国語《波短情長》に再出演

001大日10、博士課程前期修了の大塚順子(旧姓・木下)さんが、NHK国際放送・中国語《波短情長》に再び出演されました。

 

 

 

 

chi_130915_1この番組は、番組キャスターである明治大学教授の加藤徹さん(左)とアナウンサーの李茜さん(右)がリスナーからの質問(お便り)に答えるもので、今回大塚さんは、「日本で漢字を手書きする場合、字形にルールがありますか」という質問に対し、漢字を手書き で美しく書くルールについて解説しておられます。

 

大塚さんは近日、「ペンと小筆による美文字レッスン」という本を自費出版されます。

 

放送日・内容 : 9月15日(日)PM6:20~6:40

放送日・内容: 「漢字を手書き で美しく書くルールについて」

放送後1週間、NHK World Chinese のサイトにアップされます。

http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/chinese/radio/asx/201309151830.asx

 

 

大塚さんのホームページ : http://www.luvargent.com/otuka/index.html

 

 

東京支部事務局

 

活躍する同窓生

2013年07月30日

ピースフル・コンサート越谷2013

このコンサートは、「国境なき医師団」および「東日本大震災復興」支援のために、市民合唱団と有志のオーケストラが毎年開催しているものです。

 

どうか、皆様方の温かいご支援をお願いいたします。

 

続きを読む

イベント情報

2013年07月07日

15th まゆりバレエスクール 発表会

以前にホームページでご紹介いたしました松井まゆりさん主宰の

まゆりバレエスクール」の発表会が行われます。

 

続きを読む

イベント情報

2013年07月02日

抽象画家 木村良枝さん

梅30の平川良枝(旧姓 木村)さんは、梅光女学院美術部の1期生。

現在もなお モダンアート協会 に所属し、製作活動に励んでおられます。

 

この作品は、第63回モダンアート展(2013年4月2日~16日 東京都美術館)に出展されたものです。 以下、ご本人のコメントです。

 

続きを読む

活躍する同窓生

2013年07月02日

第39回 雪心会選抜書作展

大日10、博士課程前期修了の大塚順子(旧姓・木下)さんの作品が、第39回 雪心会選抜書作展 に出展されます。

 

大塚さんはこの4月に故郷の小倉に戻り、書道と中国語の教室を経営する傍ら、カルチャースクールの講師を務められるなど、幅広く活躍されています。また、ご自身の製作にも意欲的で、今回も出展作品に選ばれました。

 

続きを読む

イベント情報, 活躍する同窓生

2013年04月21日

シンフォニエッタ21 第14回定期演奏会

シンフォニエッタ21は、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団のコンサートマスター、モルゴーア・クァルテット他のヴァイオリン奏者として幅広くご活躍の戸澤哲夫先生を音楽監督およびソロ・コンサートマスターにお迎えし、ご指導いただいているアマチュア弦楽合奏団です。

 

モーツァルト、バッハ、ショスタコーヴィチ・・・ 全く毛色の違う曲にはそれぞれに音楽的な難しさがあります。技術的には遠くプロに及ばない私達に対して、アマチュアの域を超えた音楽的要求をされるのは辛くもあり、楽しくもあります。それぞれの色を愉しんでいただける演奏にしたいと思います。戸澤先生のバッハのソロは聴き物です!

 

続きを読む

イベント情報

2013年04月07日

東日本大震災復興支援チャリティーコンサート = ヴァイオリン・プロジェクト「千の音色でつなぐ絆」

このプロジェクトは、東日本大震災の被災者支援のために、ヴァイオリンドクターの中澤宗幸氏が、被災地で生まれ育った木材でヴァイオリンを製作し、氏の思いに賛同する仲間たちがこのプロジェクトを実施するための組織「命をつなぐ木魂(こだま)の会」を作り、その楽器の演奏を通して被災された方を励まし、亡くなられた方に鎮魂の祈りを捧げ、この震災でおきたことを風化させずに世代を超えて語りつないでいくことを目的としています。

 

このヴァイオリンの裏には、陸前高田市の復興シンボルである「奇跡の一本松」が描かれています。

 

どうか、皆様方の温かいご支援をお願いいたします。

 

続きを読む

イベント情報

2013年03月31日

第40回 季風会展

高05 本田節子(旧姓 中川)さんが、「第40回 季風会展」に出展されます。

のどかな春の一日、素敵な絵画に触れ、銀座散策などいかがでしょうか?

 

以下、お便りからの抜粋です。

「梅光卒業のあと美大に入り、卒業後は様々の仕事につきましたが、結婚後、一人娘のため小さなアトリエを開き、子供達に絵を教え乍ら自分も再び描きはじめ、30年位になります。個展、グループ展等、細々と続けております。

(季風会展は)毎春銀座でやっております。私は入って20年になります。今年もF30号2点です。」

 

続きを読む

イベント情報

2013年03月01日

大塚順子さん NHK国際放送・中国語《波短情長》に出演

03591

大日10、博士課程前期修了の大塚順子(旧姓・木下)さんが、NHK国際放送・中国語《波短情長》に出演されます。

 

 

 

chi_sunday

この番組は、番組キャスターである神戸国際大学教授の毛丹青さん(左)とアナウンサーの李茜さん(右)がリスナーからの手紙を紹介するもので、2月22日に大塚さんがお二人と共に地元の葛飾・柴又を取材されました。

 

 

続きを読む

活躍する同窓生

2013年03月01日

「2013下関文化らく~ざ(楽座)」で穴見めぐみさん講師に

h24_ページ_13月2日(土)、3日(日)の両日、下関市立大学において、下関ゆかりの文化人らを講師に招いた講座2013下関文化らく〜ざが開かれます。らく〜ざは「市民に文化を身近に感じてもらおう」と市や街づくり団体などが集まる実行委が2011年から始めた文化講座で、今年で3回目を迎えます。

 

講師は過去最多の68人で、直木賞作家の古川薫さん、芥川賞作家の田中慎弥さん、女優、松田美由紀さん、映画監督の佐々部清さん、イラストレーターの黒田征太郎さん、音楽家の坂本弘道さん、お笑い芸人の波田陽区さん等幅広く、「議論の中で何が飛び出すか分からない組み合わせで、聴き応えがあるはず。下関が持つ文化の潜在力を肌で感じてほしい」と、冨永洋一・実行委員長は話しています。

 

続きを読む

活躍する同窓生

2013年01月30日

アンサンブル ディマンシュ 第72回演奏会

演奏会のお知らせです。

 

今回はクラリネットとヴィオラという、珍しい組み合わせの二重協奏曲を演奏いたします。どちらも憂いを帯びた美しい音色の楽器で、2人のソリストが愛のメロディーを見事に歌い上げてくれます。メインの「ザ・グレート」はその名の通り大曲ですが、シューベルトらしい美しい旋律が沢山盛り込まれた曲です。お時間がありましたらぜひいらしてください。

 

続きを読む

イベント情報

2012年12月07日

第44回(平成24年度) 日展 入選! 大塚順子さん(大日10・院日5)

以前に出版のお知らせ(「中国語おさらいドリル マーキングで覚える基本構造」)でもご紹介いたしました大塚順子(旧姓・木下)さん(大学日文科卒業、博士課程前期修了)が、第44回(平成24年度) 日展 第5科 書 の部に入選されました。今回で5回目の入選です。

 

入選者名簿 (PDFファイル 594KB)

 

続きを読む

活躍する同窓生

古い記事へ 新しい記事へ
    サイト内検索