梅光学院高等学校同窓会
2018年03月03日

平成29年度総会・懇親会報告

さわやかな初夏の湯島、6月3日(土)に「東京ガーデンパレス」で行われた平成29年度総会・懇親会に約130名の光の子が集まりました。
支部長の挨拶のあと、礼拝では、讃美歌211番(30番)「あさかぜしずかにふきて」を斉唱。聖書の朗読のあと祈祷、永眠社追悼が行われました。続く総会では、飯沼菜保美さんが再度支部長に選出されました。

 

 

 

その後は今年の懇親会のお楽しみ。この日のために下関から上京くださった【コール梅光】の32名のコーラスが始まりました。指揮は澄川孝子さん(高23)、伴奏は田村優子さん(高27音)。そして竹内理恵さん(高59音)のヴァイオリンも加わり合計6曲が披露されました。どの曲も素敵で楽しく思わず一緒にスイングしてしまうようなノリの良い曲ばかり。
とくに最後の曲「光の子らしく」はコール梅光のメンバーによる作詞で懐かしさのつまった内容の歌詞。作曲は穴見めぐみさん(高51音)。学生時代にタイムトラベルしてしまう・・・そんな素敵な曲ばかりでした。

 

 

その後、学院長代理として島田 清中学校高等学校校長(2017年4月就任)による最近の学校の様子紹介。同窓会会長代理の永見昌代(大日20)さんによるご挨拶。

 

       

 

会食の合間に今回ご出席の先生方の楽しいお話が続きました。

 

  

力丸 晃先生   梶間真寿美先生  小田 豊先生

 

 

吉川俊子先生

 

  

渡辺憲司先生   向山淳子先生   今井夏彦先生

 

また今回は梅光の中学高校生40名がつくった映画「隣人のゆくえ」が8月から劇場公開ということもあり、柴口 勲監督や主役の正司怜美さん、助監督の竹内義晶さん(男子1期生)が映画の宣伝にやってきました。ミュージカル仕立てのこの映画はストーリーも作曲も振り付けも当時中学生と高校生だった生徒たちが行った自主制作映画です。東京は新宿で、その他横浜、名古屋、大阪と上映が決定しているそうです。
http://baiko-tokyo.com/?p=3767

 

さらに秋に開催される「小暮実千代生誕100年記念・朗読とトークの会」(2017年10月28日開催予定)の案内もありました。

 

 

今年は高34と大16の当番幹事6名が準備を行い、梅光の校章をデザインに入れたかわいらしいキャンディを出席者にお配りした他、梅光のセーラー服をそっくり再現した手作りのティッシュケースの販売も行いました。

 

 

内容がたっぷりだったこともあり3時間はあっという間に過ぎてしまい、また来年の再会をみんなで誓い閉会となりました。来年はもっと多くの皆様とお会いしたいと思います。

 

高34 田中ゆみ(旧姓 清水)

事務局, 活動履歴

    サイト内検索