梅光学院高等学校同窓会
2012年08月01日

コール梅光10周年記念コンサート

七月に帰省した折、コール梅光10周年記念コンサートへ出かけました。姉が梶間先生からコンサートのご案内をいただいており、「私も」って誘われて久し振りに皆様にお会いできるのを楽しみにしておりました。

 

コール梅光と私の出会いは2005年東京支部同窓会の幹事をしておりました年に、同窓会への出演を依頼したことからです。事前の打ち合わせで何度か連絡を取り合ったり、ヴァイオリン奏者の姉(高19)と地元で共演したことがあったり、また指導者の澄川さん(高23)との長いお付き合いがあったりなどでとても親しみを感じておりました。東京までいらして下さることを快く引き受けてくださり、同窓会も例年になく賑やかで華やかなものになりました。

 

さて、当日のコンサートは三部構成になっており、一部が「光の子らしく歩みなさい」、二部が「鎮魂ミサ3・11」、三部は「明日への祈り」とすばらしいプログラム構成でたっぷり楽しむことが出来ました。

 

一部では懐かしい讃美歌や東京支部同窓会出席以後コール梅光のために作られた曲「光の子らしく」を歌い、二部のフォーレのレクイエムでは厳粛な重々しい衣装に身を包み、相当練習したに違いないと想像させるくらいにすばらしい歌声を東日本大震災で亡くなられた方々の御霊にささげ、三部ではブルーグリーンの華やかなドレスに着替え、私達の聞き慣れた「千の風」ではないもう一つの「千の風」を、そして最後のハレルヤコーラスでは会場が一つになって「梅光生ここにあり!」と言わんばかりの大合唱となりました。

 

梅光OGのものすごい底力とキリスト教の精神に育まれた強い絆を感じながら幸せな気持ちで会場をあとにしました。

 

 

高22 長嶋美代子(旧姓 大井)

 

母校・先生方は今・・・

  • Shufa En-joy

    嬉しいご報告有難うございました。
    音楽を通した同窓生のつながりが梅光というワクを越えてさらに社会とのつながりを深めていくことを期待しています。

    サイト内検索